団体情報

〇会の名称:福島の被災地にとり残された犬猫を救う会(通称:横浜わんニャンの会)

〇事務所:当会の事務所は、神奈川県横浜市内の代表の自宅とする

〇TEL/FAX:045-620-6320

〇代表者:池田千代子

〇設立日:2012年9月15日

〇会の目的

本会の目的は、福島の原発危険区域に取り残された犬や猫等のレスキューと、区域内での給餌活動を続けるボランティア団体への物的支援、およびシェルターの維持費等を援助するための募金活動を行うものである。

〇活動内容

本会は目的推進のために、次の活動を行っています

現地で保護された犬、猫、及び現地での救援活動の様子を記録した写真を展示し、活動の実態を知らせ、義援金と協力を呼びかける

保護された動物達を飼い主に返すことを目的とするも、諸般の事情で引き取れない場合、新たな里親探しに協力する

マスメディアやインターネットを通じて、この活動を理解し、協力していただける方をボランティア及び会員として募集する

 

〇会員数:2016年5月現在 283名

(会員:年額3000円、維持会員:金額を定めず)

〇協力団体

清川しっぽ村(里親さん紹介しています。飯舘村給餌活動に同行できます)

〇支援ボランティア(個人、団体)

福猫舎(郡山市)   ・チームあいちゃん(沼津市)

ジュピターの会(千葉県)    ・被災ペット応援クラブ(さいたま市)

 

〇イオンの黄色いレシートキャンペーン登録店(毎月11日に開催)

ダイエー横浜西口店に登録。毎月11日に店頭活動をしています。

※11日は、レシートが黄色になります。設置されている投函箱にレシートを入れていただいた総額の1%がボランティア団体に還元されます。

 

運営委員

横浜ワンニャンの会の運営委員をお伝えします。

〇顧問1名

〇企画運営委員2名

〇ボランティア相談委員1名

〇広報2名

〇会計1名

〇会計監査1名

〇その他7名

数か月に一度、運営委員が集まり、今後の方針を決定しています。

また総会を年一度、開いています。